究極の甘やかし/朝野拓哉の物販ビジネスで稼ぐのは難しいかも?

悪徳案件

こんにちは、yukiです。



今回は少し怪しい案件を見つけたので、
ブログに取り上げることにしました。




「究極の甘やかし」という高額塾でよくありそうな
典型的な名前ですが、内容は物販らしいです。





それでは詳しい内容を見ていきましょう。



究極の甘やかし 朝野拓哉の内容とは?



この案件はLINEに登録すると、
動画が送られてくるのですが、
内容をまとめるとこんな感じでした。




やることは在庫を持たないスタイルの転売で、
利益が取れる商品のリストがもらえるので、
リサーチは不要。





そして、商品は仕入れずにサイトに出品して、
売れたら商品を仕入れてお客さんに発送します。




売れる商品が事前に分かっていて、
実際に売れてから仕入れるので、
普通の転売のように仕入れた商品が売れ残って、
赤字になることありません。




こう言われると、一見堅実に稼げそうで
よさそうですよね。






ただ、高額塾で教えている無在庫転売には、
落とし穴があるので、注意が必要です。

究極の甘やかしで本当に稼げるのか?

 

それは塾の参加者同士で競合が起きることです。





売れる商品が分かっているのはよいのですが、
それを多数の人が狙うとなると、
出品サイトに同じ商品がいくつも並んで、
自分の出品した商品が購入されづらくなります。




そして、商品を買う側からすればどれも同じ商品のため、
価格の安いものから売れるので、
値下げ競争が始まって、取れる利益が減っていきます。





リサーチ不要で商品を無在庫でどんどん出品していって、
売れたら送るだけと言われると、
稼げそうだと思ってしまいますが、
多くの人が同じところから仕入れて出品していくと、
稼ぎづらい状況になっていきます。




これはこの案件が悪いからというより、
売れる商品リストを教えるという形で大人数に提供していけば、
仕方がないことなのかもしれません。





転売をするなら高額塾に入って教わるよりも、
ライバルの少ないところを見つけて、
商品をリサーチして経験を積んでいく方が長い目で見て、
稼げるのではないかと思います。




実際、私の知り合いで転売で稼いでいる人がいるのですが、
その人はかなりのリサーチや作業をやって、
稼げる商品や方法を確立したようです。




なので、もし、私が転売をやるとしたら塾に入るよりも、
商品をリサーチしながらじっくり取り組んでいくかなと
いう感じです。




こちらの案件を検討されていた方の参考になれば、
嬉しいです。

コメント