【初心者向け】宝くじの当たる買い方を紹介|誰でもすぐに実践できます

【初心者向け】宝くじの当たる買い方を紹介|誰でもすぐに実践できます お役立ち記事

 

こんにちはYUKIです!

 

宝くじ何度も買ってるけど本当に当たるのか?


私の知る中でも、非常に多くの方がこのような疑問を抱いています。

 

確かに当せん確率は限りなく低いので、疑いたくなる気持ちも分かります。

 

また、宝くじの当せん確率がとても低いのも周知の事実。

 

ただ、だれも当たらない…なんてことはありません。

 

今日も日本のどこかで、人生を変えてしまった人が存在します。それが宝くじです。

 

高額当せんを果たした時は、きっと言葉では言い表せないほどの幸せを感じるでしょう。

 

そこで今回は、筆者のこれまでの経験や、実際の高額当せん者から聞いたエピソードなどをもとに「宝くじの当たる買い方」について解説していきます。

 

次に人生を変えるのはあなたかもしれません。

 

 

宝くじの当たる買い方のコツ6選

宝くじの当たる買い方のコツ6選
 

宝くじの当たる買い方のコツは以下です。

 

  • コツ①:連番とバラの割合を決める
  • コツ②:購入前の前兆を見逃さない
  • コツ③:いつもの売り場で購入する
  • コツ④:継続的にコツコツ買い続ける
  • コツ⑤:当せん確率の高いくじを狙う
  • コツ⑥:金運アップの日を狙って買う


それぞれ確認していきましょう。

 

コツ①:連番とバラの割合を決める


連番とバラは、それぞれ最低10枚は購入するようにしましょう。

 

宝くじは1枚300円なので、20枚で6000円となります。

 

YUKI
YUKI

宝くじの初心者でも、手を出しやすいのでおすすめです!

  • 連番:10枚のうち組と番号の上から5桁目までが同じ 
  • バラ:10枚のうち連続していない番号で下1ケタが0~9 


この「連番とバラの10枚買い」は、高額当せんの確率が高まると言われています。

 

なぜなら、連番で購入することで1等だけではなく、前後賞もまとめて当せんする可能性があるから。

 

一方、バラで購入する場合は、さまざまな好きな番号を選択することができるので、少ない枚数でも広い範囲を狙うことが可能です。 

 

また、わたしの知っている当せん者の方のほとんども、連番とバラの10枚買いで買い続けたと話していました。

 

このことから、ある程度の信頼性はあるのかと。

 

コツ②:購入前の前兆を見逃さない


宝くじを買う前に「前兆」があった、と話す高額当せん者にもお話を聞いたことがあります。

 

  • 体調がすこぶる悪かった
  • 縁起の良いことがあった


など、一部ではありますが、このような前兆の後に「ロト6の2等当せん」や「ミニロト1等当せん」を勝ち獲ったを知っています。

 

どのようなことが前兆になるかは人それぞれですが、「もしかしたら・・・?」と思うような出来事が起こった際には、試しに購入してみるのもアリだと言えるでしょう。

 

また、以下の記事にて「宝くじが当たる前兆」について詳しく解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 

【実例紹介】宝くじが当たる前兆を紹介!体調不良やどん底なときほど当たるって本当?

 

コツ③:いつもの売り場で購入する


宝くじ公式サイトの発表にて、高額当せん者の53%が「いつもの売り場」で宝くじを購入している事実がわかりました。

 

いつも買っている売り場 205人 52.6%
出かけたついでに 115人 29.5%
有名な売り場 37人 9.5%
ひらめき 30人 7.7%
無回答 3人 0.8%
合計 390人 100%

※参考:宝くじ公式サイト

 

YUKI
YUKI

「ここ当たらないから変えようかな…」ではなくて、しつこいくらいにいつもの売り場で買い続けることが重要です。


お出かけついでに購入した人の割合も高いですね。

 

逆に、有名な売り場で当たったという人は少ない印象。少し意外ですよね。

 

コツ④:継続的にコツコツ買い続ける


わたし的には、ここが最も大事なコツだと考えています。

 

宝くじで高額当せんを目指すのであれば、継続的にコツコツ買い続けることを意識しましょう。

 

YUKI
YUKI

1回や2回で諦めてはいけません


よく当サイトにも「全然当たりません…」といった質問が届きます。

 

しかし、お話しを聞いてみると、ほとんどの人が10回ほどしか購入していないケース。

 

それでは、全国にいるライバルには勝てません。

 

ライバルはあなたの何倍も購入しているかもしれません。

 

何十年も購入し続けている方もいるでしょう。

 

また、実際に宝くじで高額当せんした人の半数以上は当せんに関わらず「宝くじを買い続けた」というデータも出ています。

 

コツコツと継続的に宝くじを購入することが、高額当せんへの1番の近道だとも言えるでしょう。 

 

コツ⑤:当せん確率の高いくじを狙う


人気のある「ジャンボ系宝くじ」は、当せん確率が低く当たりにくい宝くじと言われています。

 

YUKI
YUKI

例えば、年末ジャンボの1等当せん確率は「2000万分の1」と非常に低いです。


わざわざ自分から、当せんする確率の低い宝くじへ挑戦する必要はあまりないと思います。

 

それなら頻繫に開催されている「数字選択式宝くじ」で勝負してもいいのかなと。

 

  • ロト7、ロト6、ミニロト
  • ナンバーズ3、ナンバーズ4
  • ビンゴ5 など

 

数字選択式宝くじは文字通り「自分で数字を選択する」ことができます。

 

ジャンボ宝くじよりと比べて当せん確率も高くなるので、高額当せんをつかむ可能性もあがりますよね。

 

別に「ジャンボ系」に固執しなくてもいいじゃん!ってことです。

 

以下の記事で、数字選択式くじにおける「当せん確率をあげるコツや買い方」などについて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

ロトが当たらない理由は?当たらない人の特徴とは?確率をあげる買い方も伝授

 

コツ⑥:金運アップの日を狙って買う


実際の当せん者は、「宝くじを当てるには金運の強い日を狙って買うことも大事だ」と話します。

 

YUKI
YUKI

実際に、金運が強いと言われる日に高額当せんを獲得した人は多くいますからね。


また、その日になると、宝くじ売り場の前に長蛇の列ができているのを見たことありませんか?

 

みんな狙っている証拠ですね。

 

宝くじを買うのに縁起が良いとされている日は以下になります。

 

  • 大安(たいあん)
  • 寅の日(とらのひ)
  • 天赦日(てんしゃび)
  • 天一天上(てんいちてんじょう)
  • 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)


とくに「天赦日(てんしゃび)」と「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」は、とても強い運気が出る特別な日だと言われています。

 

見逃さないようにしましょう。

 

逆に、縁起が悪くて買うべきでないと言われている日は以下になります。

 

  • 仏滅(ぶつめつ)
  • 赤口(しゃっこう)
  • 受死日(じゅしにち)
  • 十死日(じゅうしにち)
  • 十方暮(じっぽうぐれ)
  • 不成就日(ふじょうじゅび)


これらの日に、宝くじを購入するのは避けるようにしましょう。


以下の記事で「金運アップの日」に関して詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

宝くじを買うべき日と買ってはいけない日とは?縁起の良し悪しは関係する?

 

宝くじを当てた人の特徴5選

宝くじを当てた人の特徴5選
 

続いては、実際に宝くじを当てた人の「特徴」を詳しく見ていきましょう。

 

  • 当せん者の特徴①:一回で必ず10枚以上の購入
  • 当せん者の特徴②:10年以上購入し続けている
  • 当せん者の特徴③:年齢層は50代~60代が多い
  • 当せん者の特徴④:職業は会社員の割合が多い
  • 当せん者の特徴⑤:机の引き出しに保管してた


それぞれチェックしていきましょう。

 

当せん者の特徴①:一回で必ず10枚以上の購入


当せん者の中では、1回の購入で10枚以上を購入している人の割合が高くなっています。

 

YUKI
YUKI

下の表のとおり、一度に10~49枚購入している方の割合は64%となり、過半数に達します。

【購入枚数(1回)】 男性 女性 全体
10枚未満 7人 2.8% 6人 4.4% 13人 3.3%
10枚 38人 15.0% 43人 31.4% 81人 20.8%
11枚~19枚 6人 2.4% 7人 5.1% 13人 3.3%
20枚~29枚 43人 17.0% 18人 13.1% 61人 15.6%
30枚 54人 21.3% 29人 21.2% 83人 21.3%
31枚~49枚 15人 5.9% 11人 8.0% 26人 6.7%
50枚~99枚 31人 12.3% 7人 5.1% 38人 9.7%
100枚以上 48人 19.0% 11人 8.0% 59人 15.1%
無回答 11人 4.3% 5人 3.6% 16人 4.1%
合計 253人 100% 137人 100% 390人 100%

※参考:宝くじ公式サイト


このことから、1回で複数枚の宝くじを購入することは、当せん確率を高めるための重要なコツだと言えるでしょう。

 

要は、購入する数を2倍にすれば当せん確率も2倍にあがりますよね。 

 

 

当せん者の特徴②:10年以上購入し続けている


下の表を見てください。

 

購入年数 男性 女性 全体
今回が初めて 1人 0.4% 1人 0.7% 2人 0.5%
1年未満 4人 1.6% 8人 5.8% 12人 3.1%
1年以上5年未満 18人 7.1% 14人 10.2% 32人 8.2%
5年以上10年未満 29人 11.5% 18人 13.1% 47人 12.1%
10年以上 199人 78.7% 93人 67.9% 292人 74.9%
無回答 2人 0.8% 3人 2.2% 5人 1.3%
合計 253人 100% 137人 100% 390人 100%

※参考:宝くじ公式サイト


まだ数年しか宝くじを買い続けていない人に比べて、10年以上購入している人は圧倒的な数を示していますよね。

 

YUKI
YUKI

やはり甘くはないですよね。わたしも自分の予想じゃまったくですからね…


宝くじでは「運」もとても大事な要素ではあります。

 

その運を引き寄せるため、自分のターンにするため、コツコツと継続して購入した人が勝ち獲れる世界だとデータで証明されていますよね。

 

だから宝くじは面白いんですよね。

 

当せん者の特徴③:年齢層は50代~60代が多い


結論から先にお伝えすると、長く買い続けている人のほうが当たっています。

 

年齢層 男性 女性 全体
~29歳 6人 2.4% 9人 6.6% 15人 3.8%
30~39歳 23人 9.1% 8人 5.8% 31人 7.9%
40~49歳 33人 13.0% 26人 19.0% 59人 15.1%
50~59歳 45人 17.8% 34人 24.8% 79人 20.3%
60歳~ 146人 57.7% 60人 43.8% 206人 52.8%
合計 253人 100% 137人 100% 390人 100%

※参考:宝くじ公式サイト


購入し続けている年数に比例して、当せん者の年齢と当せん率の割合が上がっています。

 

YUKI
YUKI

やはり「諦めずに買い続けた人」が高額当せんを実現している…


驚きなのが、全体の半数以上が年配の方。

 

年配の方は長く買い続けて、当せんを掴んでいるのだと思います。

 

非常に面白い結果です。

 

当せん者の特徴④:職業は会社員の割合が多い


以下の表をチェックしてみてください。

 
会社員 157人 40.3%
公務員 19人 4.9%
自営業 44人 11.3%
自由業 1人 0.3%
学生 1人 0.3%
農業 4人 1.0%
主婦(主夫) 45人 11.5%
その他 35人 9.0%
無職 84人 21.5%
合計 390人 100%

※参考:宝くじ公式サイト


高額当せん者が合計390人いて、職業別にみたとき「会社員」が断トツで多いのです。

 

お!次は自分かも!


と思う方も多いのではないでしょうか?

 

実際の当せん者を職業別にみると、「会社員」が157人(40%、うち男性114人、女性43人)と最も多く、次いで「無職」(84人、22%)、「主婦(主夫)」(45人、12%)と続いています。

 

意外と多かったのが「無職」の方。

 

恐らく、ご年配の現役引退された方が多く含まれているとは思いますが、羨ましくて惹かれてしまいますよね。

 

YUKI
YUKI

無職なのに宝くじ当せん。うらやましいです…

当せん者の特徴⑤:机の引き出しに保管してた


購入した宝くじ券は「机の引き出し」に保管していた人が最も多くいました。

 

購入後すぐに開封するのではなく、運気の良いとされる場所に保管する人が多くいます。

 

当せん者の購入した宝くじ券の保管場所の特徴(割合)は以下です。

 

  • 机の引き出し:26%
  • 神棚や仏壇:23%
  • タンス:11%


宝くじの保管場所については、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

 

宝くじが当たるおすすめの保管場所は?高額当せん者はどこに保管してる?

 

宝くじを当てた人が語る当せんの秘訣

宝くじを当てた人が語る当せんの秘訣
 

当せんの秘訣に関しては、全体42%の方が「」だと答えています。

 

宝くじは、だれがどのタイミングで当せんするかなんて、誰もわかりません。

 

もしかしたら、明日あなたが当たるかもしれないし、私が当たるかもしれない。

 

YUKI
YUKI

そういうもの。だから「宝のくじ」なんですよね。


次いで2位以下は、「継続」が大事と答えた人が27%、「ひらめき」と答えた人が14%、「日ごろの行い」と答えた人が8%となりました。

 

やはり「継続が大事」だと回答する当せん者は多いようですね。

 

宝くじが当たる買い方についてよくある質問

宝くじが当たる買い方についてよくある質問
 

続いて、よくある質問に「Q&A」の形で回答していきます。

 

Q.一粒万倍日と天赦日はどっちがいいですか?


A.結論、どちらの方がいいとは言い切れません。

 

ただ、この2つの日には一つだけ大きな違いがあります。

 

一粒万倍日にはやってはいけないコトなことがありますが、天赦日にはやってはいけないコトがほぼありません。

 

この観点から、宝くじファンの中では一粒万倍日より天赦日の方が少し有利だと言われています。

 

Q.宝くじで人気の買い方ってありますか?


A.宝くじ好きの中で「当せんしやすい!」と人気のある買い方は以下です。

 

  • 連番10枚
  • バラ20枚


理由として、先ほど紹介した「10枚ずつ」で購入するよりも、バラを20枚買うほうが連番で買うよりも当たる確率が「約2.6倍」も高いから。

 

ただ、合計で約9000円が必要になるので、あなたの軍資金と相談する必要がありますね。

 

もちろん、連番10枚・バラ10枚のバランスが1番いいと話す方もいます。

 

Q.宝くじはどこで買っても当たる確率は同じですか?


A.どこで購入しても同じです。

 

また、売り場で買ってもインターネットで買っても変わりません。

 

YUKI
YUKI

ただ、よく当たると言われている宝くじ売り場で購入してみるのはアリだと思います。


全国の「よく当たる宝くじ売り場」が気になる方は、以下を参考にしてください。

 

全国のよく当たると評判の宝くじ売り場【都道府県別】

 

まとめ

まとめ
 

最後におさらいです。

 

  • コツ①:連番とバラの割合を決める
  • コツ②:購入前の前兆を見逃さない
  • コツ③:いつもの売り場で購入する
  • コツ④:継続的にコツコツ買い続ける
  • コツ⑤:当せん確率の高いくじを狙う
  • コツ⑥:金運アップの日を狙って買う


ぜひ、これらを参考に活用してみてください。

 

可能性は決してゼロではありません。

 

「必ず当たる!」といった前向きな気持ちで購入しましょう。

 

今回は以上です。

コメント