【知らないと損】ナンバーズ4のからくりとは?出やすい数字の探し方を解説

【知らないと損】ナンバーズ4のからくりとは?当たらないからくりも徹底解説 お役立ち記事

 

こんにちはYUKIです!

 

ナンバーズ4は、4桁の数字を選ぶだけのシンプルなルールとあって、老若男女を問わずに幅広い層から支持されています。

 

しかし、ほぼ皆が数字選びで悩みます。

 

なぜなら、ナンバーズ4のさまざま「からくり」をよく理解していないから。

 

からくりさえ理解しておけば100%当たる!とまでは言い切れませんが、少なくとも的中確率が多少は高くなり、本当に選ぶべき数字が見えてくるでしょう。

 

この記事の内容を知っているか・知らないかでは、ナンバーズ4の当せん確率が大きく変わってくるということは間違いありません。

 

さっそくチェックしていきましょう。

 

 

ナンバーズ4のからくりとは

【知らないと損】ナンバーズ4のからくりとは?当たらないからくりも徹底解説
 

結論、ナンバーズ4に公式的なからくりは存在しません。

 

ナンバーズ3、ナンバーズ4ともに「電動風車型抽選機」によって抽選が行われます。

 

1分間に180~190回の速度で回転する円盤の中に数字が設定されており、円盤より22cm離れた発射台から強力なバネの力で射出される矢が刺さった数字が当せん数字となります。

 

アナログな方法で当せん数字が決まりますが、基本的にはすべてオートメーション。

 

つまり、人間が何らかの手を加えることができないので、完全に公平な形で数字が決まっています。

 

しかし、実はここに一つ「からくり」があるので次の項で解説します。

 

ナンバーズ4の数字の配列によるからくり

【知らないと損】ナンバーズ4のからくりとは?当たらないからくりも徹底解説

ナンバーズ4の数字を決める電動風車型抽選機は4台用意されています。

 

1台ずつ数字の配列が異なり、上から時計回りに以下の並びとなっています。

 

  • 千の桁:0、7、4、1、8、5、2、9、6、3
  • 百の桁:0、9、8、7、6、5、4、3、2、1
  • 十の桁:0、3、6、9、2、5、8、1、4、7
  • 一の桁:0、1、2、3、4、5、6、7、8、9


※今回は例として「0」を起点とした並びですが、実際の抽せんで「0」に揃えることはありません。

 

この数字の配列が、数字のランダム性を生むと共に「出やすい数字」と「出にくい数字」の癖を生んでいる「からくり」とされています。

 

過去の統計から、「結局は結果論でしかない」と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、電動風車型抽選機の特性・抽選環境を踏まえると決して偶然ではなく、当せん数字に偏りが出るのも多少は影響していると言えるでしょう。

 

ナンバーズ4の連続当せんのからくり

【知らないと損】ナンバーズ4のからくりとは?当たらないからくりも徹底解説

ナンバーズは1994年10月の開始以降、合計6,000回以上開催されています。

 

しかし、同じ数字が2回連続で当せんしたことは「1度」だけ。

 

厳密にはストレートが1回でボックスに関しては11回ですが、いずれにせよ6,000回以上の歴史の中で、同じ数字が連続したことが1回だけしかありません。

 

ナンバーズ4の当せん数字の公平性を物語っていると共に、からくりとして数字選びの一つのヒントになると言えるでしょう。

 

ナンバーズ4のストレートのからくり

【知らないと損】ナンバーズ4のからくりとは?当たらないからくりも徹底解説

ナンバーズ4で高額当せんを狙うのであればストレートがおすすめ。なぜなら、当せん金額が最も高いから。

 

そんなストレートの当せんにもちょっとした「からくり」があるのをご存じでしょうか?

 

6,000回以上開催されているナンバーズ4において、過去に6度、同じ数字が当せんしています。

 

その数字は「1564」です。

 

YUKI
YUKI

ちなみに2番目に多いのが「6992」で5回となっています!


また、4回当せんした数字は33個、3回当せんした数字は195個、2回に至っては1035個あります。

 

一方で、1度も当せんしていないストレートの組み合わせが5,493個あります。

 

ストレートの組み合わせは10×10×10×10=10,000通りなので、およそ半分以上の数字が当せん数字として選ばれていないことに。

 

当たったことのある組み合わせ、当たったことのない組み合わせを探して数字を導き出す攻略方法もあるほど。

 

このからくりもまた、数字選びの大事なポイントとなるので参考にしてください。

 

ナンバーズ4の当せん金額のからくり

【知らないと損】ナンバーズ4のからくりとは?当たらないからくりも徹底解説

ナンバーズ4で最も出ている「1564」は、これまでに6回当せんしている数字とだけあって、ナンバーズ4に取り組んでいる人からしたら有名な数字です。

 

そのため、当せん金額は低い傾向にあります。

 

なぜなら、ナンバーズ4の当せん金額は、当せん口数が多ければ多いほど折半する形になるから。

 

ちなみに「1564」において、最も低かった当せん金額は275,700円。最高金額でさえ869,500円、平均でおよそ700,000円となっています。

 

理論値における最高当せん金額が900,000円なので、よく選ばれる「1564」は多くの人が選択しているため配当が少なくなるということ。

 

過去6度出現している唯一の数字であることから、当たりやすい数字だと考えることができます。

 

ただ、高額当せんを狙う場合には、必ずしも選ぶべき数字だとは言えないので覚えておきましょう。

 

関連記事
ナンバーズ4で絶対当たる数字?当たりやすい数字や当てた人の買い方も紹介

 

まとめ

ナンバーズ4の「からくり」について解説しましたが、なんとなく理解できましたか?

 

ナンバーズ4を購入すると、発券されたカードには選択した数字だけではなく、ランダムな英数字が並んでいます。

 

これこそが販売店を示すデータで、換金していない段階でも、どこで発券された番号なのかが即座に分かる仕組みとなっています。

 

そのため、お店側が虚偽で「当たった」と宣伝している訳ではありません。

 

あくまでも、宝くじ側の管理の一環です。

 

ぜひ本記事を参考に「からくり」を理解して、ナンバーズ4の当せんへチャレンジしてみてください。

 

以上です。

コメント